SS東京大学特別研究(工学系)  

1  期日
平成24年8月6日(月)〜11日(土) 5泊6日
 
2 会場
東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センター 再生医療工学部門
牛田研究室
 
3 指導者
東京大学大学院医学系研究科 牛田多加志教授(高26回卒)ほか5名のスタッフ
 
4 参加生徒
刈谷高校 2年2名、3年3名  
 
5 研修内容
(1) 分化による遺伝子発現の変化
(2) ストレッチによる遺伝子発現の変化 
 
6 実施内容
1日目 講義、細胞観察
2日目 無菌操作、細胞培養、サンプル回収
     筋芽細胞(C2C12)をサンプルとし、2つの班で分化前、分化後、
     分化中(物理刺激なし)、 分化中(物理刺激あり)のサンプル回収
3日目 RNA抽出、cDNA合成
     RNAはDNAの遺伝情報に基づきアミノ酸を運搬し、タンパク質を作る。
     今回はcDNA合成のためにRNAを取り出した。
     遺伝子の発現量を調べるうえで、RNAは変化しやすいため、
     安定なDNAに逆転写した。(cDNA合成) PCR(遺伝子の増幅)
     遺伝子の発現量をはかりやすくするために、cDNAの量を増やした。
4日目 電気泳動、データ解析
     データを取るためにPCRにかけた遺伝子を電気泳動にかけた。
     電気泳動後、紫外線を照射すると、DNAバンドが蛍光を帯び、
     その濃淡で遺伝子の発現量がわかった。
     写真のデータを画像解析ソフトで解析し、バンドの濃淡を数値化した。
5日目 データ解析
     2つの班で、結果に大きな違いが出た。
     原因としては、実験操作にミスがあたったのではないか。
     班ごとで別のサンプルを扱ったので、最初から遺伝子の発現量が違って
     いたのではないか。
     まとめ
     分化前と分化後の結果から、分化すると遺伝子の発現量が増えることが
     わかった。
     物理刺激により、遺伝子の発現量は促進されることがわかった。  
細胞培養 サンプルの準備 RNAの抽出
 
細胞の観察 電気泳動の準備