核融合科学研究所を訪問しました!


平成24年7月20日(金)の午後、生徒23名がスーパーサイエンス研究施設訪問研修の一環として、岐阜県土岐市の自然科学研究機構 核融合科学研究所を訪問しました。

自然科学研究機構 核融合科学研究所(岐阜県土岐市)とは…

核融合発電 は将来においてエネルギーを長期的・安定的に確保するとともに、地球温暖化などの地球環境問題を克服する可能性を有する。安全性などの点でも優れた特性を有しており、その実現に向けて国際研究協力が行われている。 この実現には、燃料を高温で高密度のプラズマ状態にする必要がある。

核融合科学研究所 は、日本が研究を進めてきた大型ヘリカル装置(LHD)による高温高密度プラズマの生成・閉じ込め研究、スーパーコンピュータを駆使したLHDの実験解析および広範な理論・シュミレーション科学研究、核融合発電炉を建設するための核融合工学研究を軸に研究を進めている機関です

【研修その1 講義】 (1時間30分)
講義内容は、エネルギー事情、核融合発電の必要性、核分裂と核融合の違い、核融合の概要・利点・安全性・発電の仕組み、核融合反応に必要なプラズマ・仕組み・放出されるエネルギー・反応条件、ヘリカル装置の開発の経緯・原理、大型超電導ヘリカル装置(LHD)の構造、国際熱核融合実験炉(ITER)、核融合炉実現に向けた進展状況と将来でした。専門知識が必要な部分もありましたが、分かりやすい構成と内容で、さらに、生徒への質問や、演示実験を行う場面もあったため、生徒は最後まで熱心に講義を受けていました。質疑応答では、生徒から積極的に質問が出され、あっという間の1時間30分でした。

【研修その2 施設見学】 (1時間)
 講義の後、研究施設内の見学をしました。装置の大きさや複雑な構造には迫力がありました。生徒は個々にワイヤレスイヤホンを着け、要所ごとに詳しい説明を受けながら熱心に見学をしていました。

@ 制御室 A 大型ヘリカル装置( LHD )
B 歴代の実験装置や試作機器 (展示物は内部構造を確認できるように工夫されている

【研修その3 体験実習】 (30分)
 生徒は目の前で起こる変化や、実際に触れたり体験することに感動していました。  
@真空実験…真空状態で起こるいろいろな現象を観察。
Aバーチャルリアリティー…立体映像で映し出された大型ヘリカル装置 (LHD) の中をバーチャルの世界で探検。
Bプラズマボール…プラズマボールを用いたプラズマの観察。

講義の中で、「持続発展可能な社会を築いていくためには、自分で物事を決めていくことが大切である。そのためには、科学的な知識をもつことと、いろいろな方面から考えられる姿勢が必要である。」という、本校のESDの根幹に通じる話もあり、この研修が生徒にとって有意義なものになりました。