SS国際交流「Science Day」を実施する!

                                          

本年度も、イートン校(イギリス)から8名の生徒のみなさんと2名の先生が、3月23日(金)から4月4日(水)にかけて来日・来校され刈高生徒と様々な文化交流をしました。
 本年度は、交流の中に「イートン校との国際交流を発展させ、自然科学の観点から日英両国生徒の交流を図ることによって、科学的な視野を広げ、科学的なコミュニケーションの能力を高める」目的で、3月29日(木)に蒲郡市生命の海科学館をイートン校生徒8名と刈高生10名が訪問し「Science Day」と称して科学交流を実施しました。
 蒲郡市生命の海科学館は、隕石や化石など、地球の誕生から生命の繁栄に係わる展示物が充実しています。科学館では、学芸員さんから館内の説明を受け、展示観覧とアンモナイト化石研磨体験をしました。さらに、学芸員さんから「46億年前 地球の誕生について」「40億年前 宇宙から来た海」「5.5億年前 生命の大爆発」などのテーマが与えられ、刈高生とイートン校の生徒がグループを作り、それぞれのテーマについて調べ学習をし、その後、館内を巡りながらそれぞれのグループが調べたことを参加者に発表しました。
 イートン校生からは、「化石磨きは楽しかった。プレゼンでは他の人の考えが聞けて良かった。とても素晴らしい意見があった。」刈高生からは、「アンモナイトを磨くのは少し難しかったけど、良い経験であった。調べ学習や発表を通じてグループのメンバーと協力できて以前より仲良くできた。とても楽しかった。イートン校生は質問も積極的であった。」等の感想があり充実した科学交流になりました。