「フェアトレードについて」ESD講演会を実施しました!

 7月2日、株式会社HASUNA代表取締役兼チーフデザイナーの白木夏子さんにお越しいただき、 「フェアトレードについて」という演題で1・2年生724名と教員に対してご講演をいただきました。

 愛知県一宮市生まれの白木さんは大学生の時に国際協力に目覚め、 世界の様々な貧しい地域を訪れる傍ら、 イギリスで国際協力について学ばれました。 その中で「援助だけでは貧困はなくならない」と気づき、 現地の人々の暮らしを援助するエシカルなジュエリーブランドHASUNAを設立されました。 ストリートチルドレンを職人として教育・雇用する工房と取引したり、 宝石の鉱山まで直接買い付けに行って現地の生産者と正当な価格で取引をするなど、 白木さんの活躍は国境を軽々と飛び越えます。その根本には、 「宝石の美しさの裏に悲劇があってはならない」という白木さん自身の強い信念がありました。

 また、刈高生に対して、 「世界に目を向けて、活躍する人になってほしい」と述べられました。国境という枠にとらわれずに、 持続可能な社会の形成者として広い視野を持つことが重要であると強く感じました。

 ESDの考え方や世界の諸問題について学んできた生徒にとって、白木さんの講演は世界の問題と 自分の将来についてより深く考えるよい機会となりました。