ESD講演「持続可能な未来社会を考える」を実施!

 4月17目(水)第6限の「ESDT」の時間に、本年度は、環境省中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部) チーフプロデューサーの新海洋子先生にお越しいただき「刈谷高校ESD講座」という演題で1年生全員を対象に刈谷高校体育館で講演をしていただきました。

講演は、新海先生がESDに取り組むようになったきっかけをはじめ、「なぜESDが必要なのか」「だからESD」「メッセージ」の3つの事についてお話しくださいました。

 「なぜESDが必要なのか」では、1秒間にたくさんのものが作られ、また失われている例を挙げられ、今問題になっているエネルギーや環境問題について詳しく教えていただきました。

 「だからESD」では、それら問題を解決するために必要な「未来の社会をつくるための学びあい」の必要性についてお話しいただきました。

 「メッセージ」では、私たちの暮らしを見直し大切にしていくこと、自分は何が出来るか考えることの大切さを語られました。

最後に刈高生に期待!刈谷高校のSSHは持続可能な未来を考える素晴らしい取り組みで、一生懸命頑張って、学んでいってほしいという熱いエールをいただきました。講演を聞いた1年生も、ESDとはどのようなものか、なぜ刈谷高校が教育活動にESDの概念を取り入れているか、学習をする上で大切なことは何かを理解することができたと思います。今回の講演をきっかけに、これからの刈谷高校SSH事業に積極的参加をして、「刈高生」として大きく育ち「世界の人々を幸せにして欲しい」と思います。