●日本スポーツ振興センター災害共済給付制度について

 学校生活の中(登下校を含む)で起こった負傷について、医療機関にかかり、5000円以上(健康保険による自己負担額1500円以上)を支払った場合に、災害給付金を受けられるという制度です。

○手続きの流れ

本人が直接保健室に申し出てください。

@ 「災害報告書」に記入をし、保護者、担任、指導監督者からサインをもらい、保健室に提出する。

A 「給付金受取人届出書」(災害給付金の振込先)をおうちの方に記入してもらい、@と一緒に提出する。

B 「医療等の状況」を医療機関に提出し、月ごとに記入してもらい、保健室に提出する。

   装具を購入した、治療費が高額になった等の場合、他の書類が必要となります。

 C @〜Bの書類がそろいましたら関係機関に申請をし、約3ヶ月で災害給付金が指定口座に振り込まれます。

 ※ 災害発生時より2年経過した場合、また、継続の医療費について診察から2年経過した場合は、時効となり申請ができませんのでご注意ください。

○不明な点、制度の詳細についてはこちらをご覧ください

独立行政法人日本スポーツ振興センター